高品質な情報収集に欠かせないFacebook

活用次第で転職活動に大きな威力を発揮してくれるSNS。
その中でも、より転職活動に大きな影響を与えると言われているのが「Facebook」です。

これによって一つの国が滅び、そして生まれ変わったこともあるほど巨大な影響力を持っているFacebook。
医師転職にも活用しない手はありません。

Facebookは数多くあるそのほかのSNSの中でも、質の高い情報を集めるのに役立ちます。
それを可能としている理由は、実名での登録を義務付けているからです。
会員情報は個人情報となりますが、それも登録しなければこのサービスを利用することができません。

匿名性の高いSNSとは異なり、情報の信憑性が高く、信頼度が格段に大きいと言うことができるのです。

個人以外の法人や団体でも登録・利用が可能なFacebookですから、当然、病院などの医療施設でも登録し、積極的に情報を発信しているところが多々あります。

病院の公式ページとして公開しているので、転職先として気になる施設があれば、そこから情報を得ることもできるでしょう。
上手にコンタクトし繋がりを持つことができればコネクション作りも難しくはありません。
これができるのもSNSの魅力であり、実名で利用するFacebookだからこそのメリット。

自分と病院の公式ページを通じてコネクション作りに成功することができれば、医師転職も有利に進められるはずです。

画像引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/Facebook

情報発信によっても転職に役立つ可能性あり

情報を集めることにもFacebookは非常に役立ちますが、このツールは情報を発信することにも活用することができます。
積極的に自分の情報を発信しましょう。

コネクション作りという活用法もあるものの、そこまでいかなくとも情報を適切に、そして頻繁に発信していれば、それを医師転職に有用に働かせることも可能です。

近年の病院や医療施設では、応募し面接に訪れた医師がどのような人物であるのかを重視するようになってきています。
診療スキルのみではなく、人間性が優れていなければ採用することができないと考える医療施設が多くなってきているのでしょう。

それを応募書類と面接のみで調べるのは限界があり、それを補う形で覗くのが応募者のFacebookなのです。

Facebookをチェックすれば、対人スキルやSNSの活用スキルなど、診療以外の能力を見極めることができます。
つまり、医療施設側にチェックされた時に信頼度がアップするようFacebookを利用しておけば、それが大きなアピール材料となるということ。

現代の医師転職において、この活用の仕方はとても大きな意味を持ってくるでしょう。
活用次第で医師転職がスムーズにできるようになりますから、ぜひ積極的に取り入れることをおすすめします。

画像引用元:http://toyokeizai.net/articles/-/16205