SNS活用の転職活動に起こりうる弊害とは

TwitterやFacebookは、情報を発信したり収集したりするにはとても有効なツールです。
上手に活用することができれば、それを医師転職にも活かすことができ、成功を手に入れることもできるでしょう。

しかし、使い方があまり上手でなければ、それは逆の結果を生み出す可能性も秘めている諸刃の剣。

嘘の情報を掴まされてしまったり、あるいは、転職希望先の医療機関に知られたくはない自らの情報をSNS上で提示してしまうこともあるかもしれません。
それらは医師転職を失敗させることにつながるため、もし適切な活用や管理ができないのであれば、SNSに過剰に頼った転職活動は控えるべきでしょう。

そもそも、SNSを活用すると情報量が多くなりすぎ、どう整理すればいいのかわからなくなる、また、その情報の整理に時間を割かれてしまい、転職活動の準備等に必要な時間を確保できなくなるという弊害も考えられます。

SNSが性に合わないと感じる医師も、あまりこれを活用することはおすすめしません。
いくら情報が発信・収集できるからといっても、SNSが性に合わないと自覚しながら利用するのはとても危険。
自らに合った手法やツールを活用するようにしてください。

最も活用すべきは医師専用の転職サイトです

SNSが性に合わないのであれば、素直に医師転職専用の転職サイトや求人サイトを利用しましょう。

エージェントも含むこのようなサイトでは、必要な情報の整理をキャリアコンサルタントが代行してくれます。
転職先に望むこと、自らのキャリアに必要なもの、こうしたことをキャリアカウンセリングを通じて客観的に判断し、キャリアコンサルタントが抱えている情報や案件を整理した上で、応募可能な求人、キャリアアップや収入アップを叶えることができる医療施設などを紹介してくれるのです。

医師のための転職サイトで代表的なものが「医師転職ドットコム」です。
医師転職ドットコムは利用者からのキャリアコンサルタントの評価が高く、質の高いキャリアカウンセリングが受けられると評判の転職サイト。

求人サイトの役割も果たしながら転職エージェントのサービスも受けることができますから、転職を検討している医師にも、今すぐに具体的に進めていきたいと考えている医師にも、そしてまだ迷っている段階の医師にも適切なアドバイスを提供してくれるでしょう。

こうしたサイトを利用すれば、スムーズに、そして確実に転職を成功させることができるはず。
少なくとも、SNSに頼りきりの転職希望者と比べれば、はるかに効率のいい転職ができます。
SNSはその補助的役割として、もしくは完全にプライベート用として活用してはどうでしょうか。

  SNS利用のメリット


画像引用元:https://www.dr-10.com/