転職にも有用なSNSの概要を知る

仕事で忙しくてSNSなどやっている暇などない、そんな医師もいるかもしれません。
しかし、今では業種・職種に関係なくインターネットを使って情報を仕入れる時代であり、その最たるツールがSNSであることを知れば、決して無視することはできないでしょう。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、インターネット上で社会的な繋がりを構築・維持するためのツール・サービスのこと。
パソコンやスマートフォンなどで利用することが可能で、ユーザー同士が交流を図り、そこに一種のコミュニティが形成されるのが大きな特徴となっています。

定義としては非常に曖昧で、広く捉えるか狭く捉えるかによって、それは変わってくるでしょう。
社会的にはSNSであると認識されているにもかかわらず、サービスを提供している企業側は「SNSではない」としているケースもあり、ここに明確な定義は存在していないことも知っておかなければいけません。

一般的には、プロフィール機能やメッセージの送受信機能が備わっており、また、ユーザー間でのリンク機能やタイムライン機能などを有しています。

代表的なSNSは、Twitter、Facebook、Instagramなど。
情報を発信し交流が図れるという点で見れば、ブログやネット掲示板もSNSであると言うことができるでしょう。
ちなみに、上で紹介した「SNSではない」と否定しているのはTwitter社。
(日本語版Twitter公式アカウント:https://twitter.com/twitterjp?lang=ja)

これも一つの情報として知っておいてもいいのかもしれません。

  Facebook活用法
  Twitter活用法

画像引用元:https://sirabee.com/2015/09/25/51966/

医師転職のツールとなりうるSNS

今現在では子供から大人まで、そして国や地域、性別や人種なども越え、世界中の多くの人に普及し浸透しているSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。
手軽に情報の発信や収集、そして交流までできる便利さを考えれば、普及して当然のことなのかもしれません。

このSNSを上手に使いこなすことができれば情報巧者となることができ、医師の転職にも大いに活用することができるでしょう。

若い医師はすでにSNSを利用しているかもしれませんが、もしかしたら医師募集情報などを集めるのに役立つなどとは考えたこともないかもしれません。
しかし、それこそが情報弱者。

医師の中でも情報巧者であれば、SNSを有効活用しながら医師募集情報やそれぞれの医療施設や診療科目、その他転職に関する情報を収集・整理し、それを転職活動に上手に活かしているのです。

もちろん、SNSのみで転職が完了するとは言いません。
ただ、医師が転職するためのツールにはなり得ますし、こうしたサービスを活用しながら情報を集めようとする医師は、偏った情報に惑わされることなく正しい転職判断ができるはず。

情報の量・質・スピード、こうしたものが転職活動には大きな影響を与えますから、ベストな転職ができるようSNSも有効に活用しながら動いていくことが求められるのです。

転職を考える医師にとってSNS利用のメリットとは

獲得できる求人情報量が圧倒的に増加

転職を考える医師にとって、インターネットを活用しての転職活動が今や欠かせない時代になっています。
医師転職のためのウェブサイトも増えてきており、これらを活用するか否かでその後の医師人生にも大きな影響を与え、転職後の結果が変わってくると言っても過言ではないでしょう。

そんなインターネット媒体の中でも、近年その存在感を示してきているのがSNSです。
これも医師転職には欠かせないツールとなっており、活用することでさまざまなメリットを感じることができるはずです。

SNSはインターネットサービスですから、当然ながら全世界と繋がっています。
自らが発信した情報は世界中の人がそれに触れる可能性があり、世界のどこかで発信された情報が自分の元へと届く可能性も秘めているのです。

つまり、情報収集量がこれまでとは桁違いである、これがSNS利用の最大のメリットと言えるでしょう。

医師転職に関する情報を提供するサイトも、もちろん情報収集には役立ちます。
しかし、SNSではもっと幅広く、そうした転職専門サイトとは異なった角度からの情報も獲得することが可能。
些細な情報も含め、さらにそれが転職活動に何かしらの良い影響を与えてくれることになるかもしれません。

情報量が増えることによって選択肢や判断材料などが増えることが、SNS活用の何よりのメリットであると感じられるのではないでしょうか。

情報収集のスピードもアップします

収集できる情報の量が増えることの他に、その情報を獲得するのに要するスピードも格段にアップするでしょう。
SNSは全世界の情報を瞬時に自らの元へと届けてくれます。リアルタイムの情報が流れてくることによって、それを即座に転職活動に生かすことができるかもしれないのです。

それは何も医療従事者が流す情報にとどまりません。
例えばですが、転職先の選択肢として考えていた病院で診療を受けた一般の人が、その病院についてSNSで言及していたとします。
その情報が拡散され自分の元へと届けられれば、もしかしたら応募を検討し直すきっかけとなるかもしれません。

リアルタイムで情報が流れてきたからこそ間違った選択を回避することができる、ここにSNSの素晴らしさやメリットの大きさを強く感じることができるのではないでしょうか。

あくまでも可能性の話ではありますが、情報量が多く、その収集スピードが早ければ、それが転職活動に寄与するのはむしろ必然。
選択を間違いたくない医師にとってSNSの利用は必須であり、積極的にこれによって情報収集を始めるべきです。

  SNS利用の注意点も知っておこう!